忍者ブログ
結婚式の二次会の準備の心得や演出方法、ギフトなどを考えます
[32] [31] [3] [2] [1] [7] 

09/25

2017

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

新郎新婦側から結婚式の二次会の幹事を頼まれたらスケジュールを組む事になりますが、どんな流れで組んでいけば良いのか、時間が有る場合の流れをご紹介したいと思います。

【3ヶ月前】
招待客のリストアップを新郎新婦にしてもらい、何か注文する物が有るか意向を聞きます。幹事は大体の人数と予算、会場の希望を考慮して会場を数カ所リストアップし、仮予約をしておきましょう。そして二次会で行うイベント、一緒に幹事をやってくれる人に依頼をしましょう。

【2ヶ月前】
会場の確認、予算の確認、当日のスケジュール(結婚式等の時間を合わせて)を新郎新婦に確認してもらいましょう。幹事は会場の最終決定とスケジュールの決定、招待状を参加者に送る事、当日に何かグッズが必要であればそのグッズの手配等をしておきましょう。
【1ヶ月前】
返事が無い招待客をリストアップし、席を決めるのであればその割り振りを新郎新婦にしてもらいましょう。幹事はリストアップされた返事が無い招待客へ参加不参加の確認をし、イベントの打ち合わせとリハーサルを行い、景品などの購入をし、料理の確認をし、ウェルカムボードを作る等細かい作業が主となります。

【当日】
結婚式の披露宴に参加している招待客もいますのでその方の誘導、会場整理、二次会の司会進行、会費の収集と決算等々、本番の流れで進めていきます。

ざっと簡単に説明するとこんな感じになります。結構やる事はたくさんありますので、時間には余裕を持って行動するようにしましょう。
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
忍者ブログ [PR]