忍者ブログ
結婚式の二次会の準備の心得や演出方法、ギフトなどを考えます
[34] [33] [32] [31] [3] [2] [1] [27] [5] [22] [21

09/25

2017

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

友人から「結婚式の二次会の幹事お願いしたい」と頼まれたらどうしますか?

友人が結婚式を挙げる事は、友人としてもとても喜ばしい事ですが・・・・

でも、実のところ自分を頼ってくれたのはとても嬉しいと思いますが、
結婚式の二次会の幹事ってかなり大変です。

幹事をやってあげたいけど、自分も仕事が忙しくて、
なかなか二次会準備に十分時間が取れないと言う方もいるのではないでしょうか。

例え、時間があったとしても、二次会の幹事として何かを仕切ったり、
決めたり、話したりという業務は、非常に苦手だという方もいると思います。

そうなると、ちょっと自分自身に負担を強いる事になりますから、
「結婚のお祝い」はしたいけど、自分には幹事は不向きだと言う方は結構いるものです。

友達だからと安易に引き受けてしまってからは、どうしようもありません。

もしあなたが新郎新婦に二次会幹事を頼まれて引き受けられない場合には、
時間に余裕が無い、こうした作業は向いていない等、
きちんと説明をして断る様にしましょう。

相手も、その点は理解してくれると思います。

逆に、無理して引き受けるとお互いに嫌な思いをする事になりますので、
しっかり自分の意見を相手に伝えるようにしましょう。

ところで、中には何度も二次会の幹事をしている方もあります。
もちろん、引き受けるのは、然程、苦痛じゃないとしても、
一種の慣れみたいな物が出てしまいます。

新郎新婦には初めてでも、幹事が慣れすぎていては、
逆に失敗してしまう事になったら、
一生に一度の二次会で、却って嫌な思いをさせてしまいます。

幹事となった以上は、しっかり時間を作り、
初回の様な思いでゆっくりと準備をしていく様にしましょう。

もちろん、初めて幹事を引き受ける時には、準備を早めにしていき、
余裕をもって楽しみながら進めていきましょう。
PR



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
忍者ブログ [PR]