忍者ブログ
結婚式の二次会の準備の心得や演出方法、ギフトなどを考えます
[32] [31] [3] [2] [1] [12] 

09/25

2017

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ちょっと困るのがお祝いの籍の招待状の返事ですよね。結婚式の二次会の招待状が届いたけど、何をどう書いて返信したら良いか分からないと言う方も多いですよね。披露宴の返信の様で書いたら良いのでしょうか。それとももっと気楽な感じの返信で良いのでしょうか。

先ずは結婚式の二次会への招待状が届いたら早めに返信をしてあげると送り側は助かります。幹事達は出席人数を把握して色んな事を決めていくのですから、早めに人数を把握していたいのです。幹事を助ける意味合いも含めて早めに返信を出す様にしましょう。また今の時点ではスケジュールがハッキリと決められなかったり、直前まで分からないと言う場合には、出席の予定で返信をしておき、キャンセルするかもしれない旨を伝えておきましょう。キャンセルの連絡先として通常は幹事の連絡先が書いてありますので控えておきましょう。
次に、招待状の返信の仕方ないについてですが、返信ハガキには名前や住所を書く場所が有ります。ここは披露宴の招待状と同じですが、「お名前」「御芳名」と書かれていたら「お」「御」に二重線を引いて書きます。また宛名も「○○行き」となっていますので、「行き」を二重線で消して「様」を書き添えて返信する様にしましょう。「出席」「欠席」と書かれている所はどちらかを二重線で消し、出席ならば「出席させていただきます」「誠に残念ですが欠席させていただきます」等と書く様にしましょう。そして空いているスペースにお祝いの言葉を書き添えてあげると尚良いと思います。
PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
忍者ブログ [PR]