忍者ブログ
結婚式の二次会の準備の心得や演出方法、ギフトなどを考えます
[33] [32] [31] [3] [2] [1] [27] [5] [22] [21] [12

09/25

2017

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

結婚式に、二次会は付き物です。
結婚式の準備が進んでくると、二次会の準備もしなくてはならなくなります。

では、二次会の準備は、一体いつ頃から始めたら間に合うのでしょうか?

幹事を頼まれた場合、最初に
  1. 参加人数の把握
  2. 予算決め
  3. 会場選び
  4. 幹事を一緒にやってくれる人を決める
などから始めて行きます。

披露宴ではないので、二次会参加なら直前でも良いだろうと考える方もいますが、
結婚式のシーズンは、他の結婚式が入っていたり、
直前では、参加予定者には既に予定が入っていたりして、
人数確保が思うようにいかないことも・・・・

当然ですが、
会場もある程度の人数に合わせて、期間にも余裕を持って予約しなくてはなりません。

このように時期的なことを考えると、期間には余裕を持たせた方が良い事が分かります。

また、招待状を送って、返信をいただくにも時間がかかります。

これらの工程を考えていくと、二次会といえども2ヶ月前から、
どんなに直前でも1ヶ月前から準備を始めなくては間に合わなくなってしまいます。

人数がある程度予測できないと、相応しい大きさの会場を押さえる事が出来ません。

また、新郎新婦としては来て頂いた方に、ギフトを用意する場合があります。
こうしたギフト用品の準備は、大抵2ヶ月前を目安に選定したりします。

逆算して、それまでに人数を把握するとなると、さらに1ヶ月早い
3ヶ月前から始めれば、余裕を持って準備出来ますね。

また、時間的余裕があれば、イベントの内容にも工夫を凝らす事が出来ます。
もちろん、新郎新婦の意見や希望も取り入れやすくなります。
PR



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
忍者ブログ [PR]